LUXEスカルプシャンプーの成分評価!育毛効果はどうなの?

LUXE(ラグゼ)スカルプシャンプー成分評価!

 

 

 

働き盛りの「サラリーマン」専用シャンプー

ラグゼシャンプーがまず面白いのは、日本の忙しいサラリーマン男性のために作られたシャンプーというところです。

 

具体的には、

  1. 優しい成分なのに汚れをしっかり落とすアミノ酸系シャンプー
  2. インドの美髪天然ハーブエキスを配合してボリュームアップ
  3. コンディショナーがいらないから時間短縮・経済的

なのです。

 

 

評価ポイント1:アミノ酸系シャンプー

まず、シャンプーには大きくわけて3種類のタイプがあります。
それは石油系、石鹸系、アミノ酸系。

 

市販で売られているシャンプーはほぼ石油系です。
泡立ち成分の界面活性剤が石油から作られているシャンプーで、安くて泡立ちが良いのが特徴です。

 

が、実はこれ、薄毛に悩む方が絶対に選んではいけないシャンプーです。

 

洗浄力が強すぎて、頭皮に必要なアブラまでキレイさっぱり落としてしまいます。

 

その結果何が起こるかと言うと、頭皮はなくなったその脂を補おうとするので、

 

さらに脂を出してしまう

 

という事態になります。

 

 

いまネット通販などで売れている育毛シャンプーのほとんどはアミノ酸系です。

 

成分など詳しくは後で記述していますが、ハゲのわれわれはこの「アミノ酸系シャンプー」を選ぶ必要があります。

 

さらに、LUXE(ラグゼ)シャンプーの全成分はこちらです。

LUXE(ラグゼ)シャンプーの成分

水、ココイルグルタミン酸TEA、ラウラミドDEA、エタノール、ポリクオタニウム-10、フェノキシエタノール、メントール、アンマロク果実エキス、サピンヅストリホリアツス果実エキス、 アカシアコンシナ果実エキス、ソウパルメット果実エキス、ウコンエキス、アロエベラエキス-1、センブリエキス、メリッサエキス、加水分解シルク、ホップエキス、ウイキョウエキス、 カミツレエキス、セイヨウノコギリソウエキス、尿素、BG、カンフル、水酸化Na

 

界面活性剤

ラグゼシャンプーの主な泡立て成分、界面活性剤は「ココイルグルタミン酸TEA」と「ラウラミドDEA」です。

 

ココイルグルタミン酸TEAは、刺激の少ないアミノ酸系洗浄成分で、しかもコンディショニング効果もあると言われています。

 

ラウラミドDEAは、泡立ちを良くするために入れる、高性能な洗浄補助剤です。

 

ちなみにポリクオタニウム-10は保湿効果を持つ、髪のコンディショニング効果を持つもので、安全性が高い成分です。

 

アミノ酸系シャンプーの中でも、頭皮に厳しい成分が全く入っていないのがこのラグゼシャンプーなのです。

 

髪によい成分

また、ソウパルメット果実エキスセンブリエキスも注目です。

 

ソウパルメット果実エキスは育毛実践者なら知っているでしょう。「ノコギリヤシ」の別名で、5αリダクターゼ(5α還元酵素)を抑えるので、脱毛を抑える効果も期待できます。

 

センブリエキスは、血流の改善や毛細血管の拡張作用があるとされていて、多くの育毛剤にも有効成分として配合されている成分です。

 

 

評価ポイント2:インドの美髪天然ハーブエキス

カレーが育毛に効果があると言われています。

 

それはその中に含まれる漢方成分があるから。

 

確かにインドの方の髪はフサフサ、めっちゃツヤがあるイメージは強いですよね。

 

「アムラ」「リタ」「シシカイ」という名の漢方成分が育毛に効くそうです。

 

 

詳しくはラグゼ公式サイトで解説がありますのでここでは割愛します。

 

 

評価ポイント3:コンディショナーがいらない

上のように、髪に良い成分がふんだんに使われているので、コンディショナーがいらないという自信がメーカーにはあります。

 

ただめんどくさくないだけでなく、大幅な節約につながりますね。

 

 

実際に、私は、これにグッときて、スカルプDからラグゼに乗り換えた口ですからね(笑)

 

値段は安くはないですが、コンディショナーが不要なので結果的に普通の育毛シャンプーの半額ぐらいでおさえられます。

 

 

まとめ:かなり高評価の育毛シャンプー

まとめますと、ラグゼはコスパが高く、評価の高いスカプルシャンプーであるといえそうです。

抜け毛を抑えたい方
育毛シャンプーが欲しいけどお金をかけたくない方
忙しくてめんどくさがりだけど育毛対策はしたい方

 

には最適といえそうです。

 

 

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加